事故車・故障車の処理

自動車は事故や故障などのトラブルにより、運転が出来なくなってしまう場合があります。
大抵の場合、部品の交換や修理をする事で、動くようにするのは可能なこともあります。
その場合、修理費、部品代、交換費など金額が大きくなることが考えられます。
事故や故障トラブルの大小によっては、新しく自動車を買い替えたほうが良い場合もあるでしょう。
そういった場合に、事故・故障トラブルにあった自動車は専門の取り扱い業者に引き取られ処理されます。

以前は、事故を起こした自動車は廃車という処分方法でしか処理されていなかったそうです。
縁起が悪いなどの理由から、消費者も買い替えるという選択肢を選ぶ傾向にあるようです。
また、事故の衝撃でどこが痛んでいるかわからず、思わぬトラブルにつながるといったことを避けるため、廃車にする結果に至るとかんがえられます。
しかし、最近ではリサイクルの考え方が自動車にも適応され、事故車や故障車の買い取りを専門に行うお店もあります。
買取専門店では、プロの整備によって、部品の解体や交換整備などがおこなわれ、コストを抑えて再利用できるように仕上げる技術があります。

そういったことから、まだ使用できる部品、機械などは再利用の目的で分解整備し、供給源としてあつかわれています。
また海外輸出に出されるケースもあり、部品ごとに輸出をされていたり、再生車のベースとして取引されていたりもします。
自動車の産業ではどんどんと新しい車種が開発され、年式の古い車種は価値が下がっていきます。
そういった観点から、コストをかけてまで再生する価値がない場合にはやはり廃車による処分となります。
廃車の処分は、利用できる部品の解体が行われた後、鉄、アルミ系、ゴム類などにわけられ、鉄くずの塊にされたのち資源に変換されていきます。

大阪で自動車修理/板金塗装/車検/キズヘコミなら元重オートボディー | 中古パーツで驚きの格安修理!
http://www.motoshige-auto.com/kakuyasu.html